【手作り・市販別】塩麹の賞味期限を徹底解剖!大量消費のコツも伝授
塩麹の賞味期限っていつまでなの?
賞味期限切れの塩麹はいつまで使えるの?

使うだけで素材の旨味や栄養を引き出してくれる塩麹。

賞味期限がいつまでなのか、また、賞味期限切れの塩麹はいつまで使えるのかご存知でしょうか。ここでは、そんな塩麹の賞味期限について詳しくご紹介していきましょう。

自家製or市販品の塩麹の賞味期限はいつまで?

自家製or市販品の塩麹の賞味期限はいつまで?

基本的に、塩麹の賞味期限は2ヶ月~6ヶ月になります。

ただし、手作りの塩麹、または市販品の塩麹なのか、未開封・開封後でも賞味期限が多少異なります。ここでは、そんな塩麹の賞味期限について詳しくご紹介していきましょう。

自家製塩麹の賞味期限

自宅で手作りした自家製塩麹の賞味期限は、3ヶ月~約半年と言われています。

温かい場所や常温で保存すると、発酵が進んでしまう、または麹が乾燥してしまうので賞味期限が短くなってしまいます。

空気に触れない蓋付きの保存容器に入れ、常温ではなく冷蔵庫で保存するようにしましょう。

また、継ぎ足しすると、1年以上は使えますが、使うたびに毎回新しいスプーンですくうなど雑菌を入れないよう配慮する必要があります。

また、ヨーグルティアなどのヨーグルトメーカーで作る塩麹の賞味期限も、冷蔵庫で3ヶ月となっています。

冷蔵庫に入れている間も発酵が進むため、時々清潔なスプーンで全体をかき混ぜるようにしましょう。

市販品塩麹の賞味期限

市販の塩麹は、未開封・開封後によって賞味期限が異なります。

未開封の場合

未開封の塩麹は、冷蔵保存して賞味期限は約6ヶ月です。商品によっては賞味期限が短いものもありますが、冷蔵庫の奥の温度変化の少ない場所やチルド室に入れておくのがおすすめです。

開封後の場合

開封してしまった塩麹の賞味期限は、1~2ヶ月以内に使い切るのがおすすめです。

保存に適していない入れ物に入っている場合は、できるだけ空気に触れないように密封できる容器に入れ替えましょう。

マルコメやハナマルキの塩麹のように、キャップ付きパウチタイプであれば、そのまま保存できるので便利ですよ。

また、商品によっても賞味期限が異なるので、商品パッケージを確認するようにしましょう。

自家製or市販品の塩麹は冷凍できる?

両方とも冷凍保存できます!ただし、賞味期限は6ヶ月程度で冷蔵とあまり変わりません。冷凍することにより発酵力や品質は落ちてしまうので、早めに使い切ることをおすすめします。

ジッパー付きの保存袋に塩麹を入れ、しっかりと空気を抜いて冷凍保存しましょう。

ただし、冷凍と解凍を何度か繰り返すと、劣化が進んでしまうので、菜箸で線を入れてから冷凍したり、小分けにしておくと使いたい分だけ解凍できますよ。

いつまで使える?賞味期限切れした自家製or市販の塩麹

いつまで使える?賞味期限切れした自家製or市販の塩麹

気がついたら、塩麹の賞味期限が切れていた!冷蔵庫の中に入れていて見落としていたそんなことありませんか?では賞味期限切れの塩麹は、いつまで食べられるのでしょうか?

自家製塩麹の場合

手作りで作った自家製塩麹が賞味期限切れした場合は、まず見た目・匂いを確認してみましょう。

変な匂いがする、味も以前とは異なる場合は処分した方がいいでしょう。問題なければ食べられますが、なるべく早めに消費するようにしましょうね。

市販品塩麹の場合

市販の塩麹が賞味期限切れの場合、未開封か開封後では対応が異なります

未開封は…

パッケージに書かれた賞味期限を切れてしまった場合でも、冷凍や冷蔵していれば1ヶ月程度は問題なく食べられます

ただ、常温保存したまま賞味期限が切れてしまったのであれば、発酵が進んでしまって、賞味期限よりも前に食べられなくなる可能性がありますよ。

開封後は…

開封後に賞味期限が切れた場合、冷蔵保存していれば1ヶ月ほどなら食べられます。

手作り塩麹と同様に、見た目や匂いを確認しながら、以前とは状態が変化している場合は処分した方がいいですね。

こうなったら賞味期限内でも処分!使わない方がいい塩麹の特徴

塩麹は、塩分がしっかり入っているため腐ることはほとんどありません

ただ、保存状態が良くない、もしくは扱いを雑にすると雑菌が入ってしまい劣化を招きますよ。賞味期限内であっても以下のようなことが起きた塩麹は、使わないようにしましょう。

・味酸味が強くなる、甘くなったりしょっぱくなる

・匂い酸味のある臭い、アルコールのような匂い、強烈な匂い、アンモニア臭

・色茶色や黒っぽく変色

酸味が強い味わいや味そのものが変化している場合は、発酵が進みすぎて痛んでいる可能性

匂いや色が変化してくると、雑菌が繁殖して腐敗している可能性もあるので、変化を感じたら即処分するようにしてくださいね。

賞味期限が切れる前に!塩麹の大量消費アイデア♪

賞味期限が切れる前に!塩麹の大量消費アイデア♪

塩麹が使い切れず、賞味期限切れになる、または食べられなくなる前にぜひ試してみて欲しい塩麹の消費アイデアです。

野菜も長持ち!塩麹の漬物で大量消費

塩麹に漬けた野菜は、麹菌が発酵して旨味・食感・栄養価が増す効果が。

さらに、麹菌が腐敗を進める細菌の侵入を防いでくれるため、野菜の日持ちが大幅に長くなるメリットもあります。

普段であれば、賞味期限が35日しかもたなかった野菜が、塩麹に漬けることで510日程度は食べられるようになりますよ。

野菜を漬物にすることで、野菜&塩麹のロスをなくせますね。特に、きゅうり・白菜・にんじん・セロリ・大根などの野菜がおすすめです。

肉や魚を柔らかく!漬け込み焼きに

肉や魚を塩麹に漬け混んで焼くと、素材の旨味や栄養が詰まった絶品に!

その上、柔らかくなりジューシーな仕上がりにしてくれるので、賞味期限が切れそうな塩麹が大量にある時はぜひ漬け込み焼きしてみましょう。

漬け込み時間も、30分~1日と短いので、時短料理にもおすすめです。

忙しい時でも、満足感のある美味しい献立になりますよ。特に、鶏肉や豚肉、白身魚や鮭などが相性いいですよ。

ご飯やうどんと混ぜてコクのある味わいに

ご飯を炊く時、お米1合に対して塩麹大さじ2を入れると、お米の旨味が増したふっくらご飯になります。

しかも、傷みにくくなるので夏場におすすめです。使い切れていない賞味期限ギリギリの塩麹が余っていたら、ぜひ作ってみましょう。

白ご飯のままでも美味しいですが、鶏肉やきのこ類を入れて炊き込みご飯にしても絶品です。

また、塩麹はうどんとの相性も抜群。めんつゆと塩麹だけで混ぜて食べたり、焼きうどんにしても美味しく仕上がりますよ。

レモンと組み合わせて万能調味料に

さっぱりしたレモンと塩麹を掛け合わせると、万能ダレに大変身

漬け込み焼きしたりソースとして活用したりと、幅広い料理に活用できますよ。塩麹が賞味期限切れる前に、国産レモンと混ぜておくだけ

手作りの塩麹でも、市販のものでもどちらでも作れます塩麹を大量に消費したい時は、ぜひ作ってみましょう。

塩麹を使ってサワーやアイスなどの嗜好品にも

賞味期限ギリギリの塩麹がたっぷりあったら、料理以外にも使い道が塩麹をちょい足ししたアイスも絶品なんですよ!

作り方は、バニラアイスに塩麹小さじ1~2を混ぜるだけ。甘いものに塩麹をちょい足しすると、甘さをより引き出してくれます。

他にも、アイスを溶かして塩麹を混ぜて、再度冷やして固めると「塩アイス」としても美味しくなるのでぜひやってみましょう。

また、レモンサワーに塩麹・はちみつ大さじ1を入れるだけで、お店で出てくるような絶品レモンサワーに!家飲みするときに、市販のレモンサワーに混ぜて挑戦してみてくださいね。

まとめ:賞味期限切れる前に美味しく塩麹を使い切ろう!

塩麹の賞味期限は、他の調味料と比べて割と短めです。手作り&市販品どちらも、できれば早めに使い切るようにしましょう。

いつもどう使っていいのか悩んでしまう方は、ぜひ大量消費アイデアを参考にしてみてはいかがでしょうか。今までとは違う、塩麹の美味しさにハマるかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

おすすめの記事