ヘルシーな豆乳バナナスムージー!ダイエット効果が高まるコツとは?
豆乳バナナスムージーを飲むと痩せるの?
効果的な飲み方を教えて欲しい!

そんな疑問にお答えします。

ダイエットにおすすめの「豆乳バナナスムージー」はご存知ですか?豆乳とバナナをスムージーにして飲むだけで、2つの栄養がたっぷり摂れて、ダイエット効果が期待できるんですよ!

ここでは、そんな豆乳バナナスムージーの効果や飲み方、おすすめレシピなどご紹介していきます。

ここが魅力!ダイエット効果抜群の豆乳バナナスムージー

ここが魅力!ダイエット効果抜群の豆乳バナナスムージー

約200~250kcal程度のカロリーで飲めて満腹感のある豆乳バナナスムージーは、食事との置き換えでのダイエットにおすすめのドリンクです。

まずは、そんな人気の豆乳バナナスムージーの栄養について、詳しくご紹介していきましょう!

疲労回復や脂肪燃焼も!豆乳&バナナの相乗効果

豆乳には、女性特有の機能をメンテナンスしてくれる優れた栄養素「大豆イソフラボン」がたっぷり!他にも、ビタミン・ミネラル・オリゴ糖、そしてたんぱく質など満足感が得られやすい栄養がたくさん含まれています。

一方、バナナには、むくみを解消するカリウム、腸内環境を整える食物繊維などの栄養が。他にも、食べるとすぐエネルギーに変換するビタミンB群、冷え性改善に効果的なマグネシウムなども含まれています。

豆乳とバナナを掛け合わすことで、疲労回復や肌荒れ防止、脂肪燃焼、基礎代謝アップなどのダイエット効果に期待が高まります。

ミキサーなしでも作れる手軽さが魅力

豆乳バナナスムージーはミキサーなしでも作れる手軽さが魅力の一つです。

ミキサーやジューサーを使うと、摩擦熱などによってビタミンや酵素が壊れてしまうと言われていますので、ミキサーなしで作れることは、栄養効果の面から見ても嬉しいですよね。

ミキサーなしの場合は、ジップ付き保存袋と麺棒があればOK。ジップ付き保存袋に食材をいれて麺棒で叩いた後、豆乳等を加えて揉み込むだけで完成です。

詳しい作り方は後ろの方でご紹介していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

ジップ付き保存袋は大容量タイプを常備しておくとお得ですよ!

もちろん、ミキサーをお持ちのかたは、お使いいただいても大丈夫です。豆乳とバナナをミキサーやジューサーで攪拌し、スムージーにして飲むことで果物に含まれる酵素を効率よく摂取することができますよ。

美味しく健康的に♪豆乳バナナスムージーの作り方&飲み方のコツ

美味しく健康的に♪豆乳バナナスムージーの作り方&飲み方のコツ

脂肪燃焼や基礎代謝アップなどのダイエット効果が期待できる豆乳バナナスムージー。自宅で作る際に、少しこだわるともっと効果が高まるかも!?

ここでは、そんな豆乳バナナスムージーの作り方や飲み方のコツについてご紹介していきます。

夜ご飯との置き換えはNG!

腹持ちがいい豆乳バナナスムージーは、朝食や昼食に置き換えて飲むと1日のカロリーをおさえることができます。

スムージーに含まれる酵素には、基礎代謝をアップする働きがあり、朝の空腹時に飲むことでより効果を発揮します。

また、空腹時はビタミンや食物繊維の吸収率もアップするので、栄養効果も高まるんですよ!また、食前30分前に飲むことで、満腹感が得られてその後の食事を減らす効果も。

1日1~2杯を目安に飲むようにしましょう。ただ、バナナは糖質が多いため、夜ご飯との置き換えはNG。逆に太ってしまう恐れがありますよ。

氷ではなく冷凍バナナで作るとより濃厚な味わいに

豆乳バナナスムージーを作る際、氷を使うよりも冷凍したバナナを使うのがおすすめ。バナナは痛む寸前、熟している状態のものだと、よりおいしく仕上がります。

バナナの冷凍方法は、バナナを適当な大きさに輪切りし、ラップに包んで冷凍しておくだけです。冷凍バナナを使うことによって、氷のように冷たく仕上がる上に、とろりとした濃厚なスムージーになるんです!

さらに、バナナは冷凍することで、抗酸化作用のあるポリフェノールが増えるという研究結果もあるため、美容&健康効果も高まりますよ。

使う材料にも気を遣おう!

豆乳バナナスムージーを作る時に、気をつけたいのは以下のポイントです。

調製豆乳を使う

はちみつ砂糖を使う

豆乳には、砂糖や食塩などで飲みやすいよう加工されている「調製豆乳」と無加工の「無調製豆乳」の2種類があります。

バナナと混ぜる際に「調製豆乳」を使うと、飲みやすくはなるもののカロリーが高くなり、ダイエット効果が得られなくなる原因に。

はちみつや砂糖を混ぜるのも同じことです。本気でダイエットしたいのであれば、「無調製豆乳」とバナナを混ぜてスムージーを作ることをおすすめします!

もし、自宅で作る時間がない方は、カゴメの「野菜生活100 Smoothie 完熟バナナ&豆乳Mixがおすすめです。

砂糖・甘味料・増粘剤無添加のため330mlで109kcalとかなり低カロリー。まずはこちらで置き換えダイエットにチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

自宅で簡単!おいしい豆乳バナナスムージーレシピ5選

自宅で簡単!おいしい豆乳バナナスムージーレシピ5選

自宅で簡単に作れる、おいしい豆乳バナナスムージーの作り方をご紹介していきます。バナナはあらかじめ1晩冷凍しておくと、作る際に便利ですよ。

豆乳は全て無調整を使っています。

まずは基本から!豆乳バナナスムージーレシピ

自宅で簡単に作れる豆乳バナナスムージーの作り方です。少ない材料ですぐに作れますよ!

豆乳バナナスムージーレシピ
まずは基本から!豆乳バナナスムージーレシピ

<材料>

・冷凍バナナ:2

・豆乳:150g

<作り方>

1.ミキサーに全ての材料を入れて、攪拌していく

2.コップに注いだら、完成

<ポイント>

・飲みにくい時は、はちみつを入れてみましょう。

体が温まる!ホット豆乳バナナスムージーレシピ

寒い日におすすめのホット豆乳バナナスムージーレシピです。血行が良くなり、体がぽかぽかしますよ。

ホット豆乳バナナスムージーレシピ
体が温まる!ホット豆乳バナナスムージーレシピ

<材料>

・冷凍バナナ:1

・豆乳:100g

・飲むヨーグルト:100g

<作り方>

1.ミキサーに全ての材料を入れて、攪拌していく

2.耐熱カップやマグカップに入れて、電子レンジ(600W)で30秒ほど温めたら完成

<ポイント>

・ヨーグルトも一緒に摂取することで、腸内環境改善効果が高まりますよ。

ミキサーなしで作る!豆乳バナナスムージーのレシピ

ミキサーがなくても、簡単に作れる豆乳バナナスムージーの作り方です。

ミキサーなし!豆乳バナナスムージーレシピ
ミキサーなしで作る!豆乳バナナスムージーのレシピ

<材料1~2人分>

・バナナ:2

・豆乳:300g

<作り方>

1.熟したバナナの皮をむいてビニール袋に入れ、塊がなくなるまで揉みつぶす

2.冷凍庫で1晩冷やしておく

3.冷凍庫から取り出し、綿棒で粉々に粉砕する

4.バナナ・豆乳をボウルに入れる

5.泡立て器でバナナを潰しながら、混ぜていく

6.コップに注いだら完成

<ポイント>

・泡立て器がない場合は、500gぐらいの長いタッパーに入れ、上下に振るだけも攪拌できますよ。

自然な甘さが美味!青汁入り豆乳バナナスムージーレシピ

自然の味わいがおいしい青汁入りの豆乳バナナスムージーの作り方です。栄養満点なので、子供のおやつにもおすすめ。

青汁入り豆乳バナナスムージーレシピ
自然な甘さが美味!青汁入り豆乳バナナスムージーレシピ

<材料2人分>

・冷凍バナナ:2本分

・豆乳:400g

・青汁:1

・塩:ひとつまみ

<作り方>

1.ミキサーにすべての材料を入れて、攪拌していく

2.コップに注いで、完成

<ポイント>

・飲みにくい時は、砂糖(大さじ1)を入れてみてくださいね。

ほんのりした甘味!きなこ豆乳バナナスムージーレシピ

優しい味わいで栄養たっぷりのきなこも豆乳バナナスムージーと相性抜群です。バナナを冷凍し忘れた時に使える「氷」を使った作り方をご紹介します

きなこ豆乳バナナスムージーレシピ
ほんのりした甘味!きなこ豆乳バナナスムージーレシピ

<材料>

・豆乳:200g

・バナナ:1

・きなこ:大さじ1

・氷:50g

<作り方>

1.全ての材料をミキサーに入れて、攪拌する

2.氷が砕けてなめらかになったら、グラスに注いで完成

<ポイント>

・氷は家庭用製氷器で作った氷6個分ほどです。

まとめ:豆乳バナナスムージーを飲んでダイエット&栄養摂取してみよう!

豆乳バナナスムージーは、栄養がたっぷり摂れる上にダイエットに効果的なおすすめの飲み物です。

痩せたい方や、健康志向な方はぜひ飲んでみてくださいね。毎日の生活にプラスするだけで、日々の暮らしに変化が出てくるかもしれませんよ!

おすすめの記事