オリーブオイルでコレステロールが下がる?理由と注意点を解説
オリーブオイルでコレステロールが下がるって聞いたけど本当?
1日にどれぐらいまでなら食べても大丈夫なんだろう…

そんな疑問に答えます。

加熱してもかけても美味しいオリーブオイル。健康へどんな良い影響があるのか気になりますよね。

この記事ではオリーブオイルとコレステロールの関係などについて解説していきます。

「オリーブオイルでコレステロールが下がる」はホント?

「オリーブオイルでコレステロールが下がる」はホント?

血液中に含まれる脂質の一種である「コレステロール」は、食事で口にする油の量で値が変化すると言われています。

ここでは、オリーブオイルとコレステロールの関係性について、オリーブオイルの成分に注目して解説していきます。

「オレイン酸」がコレステロール減少のカギ

コレステロールが増えすぎると動脈硬化を悪化させるリスクが高まるといわれています。このコレステロールを減少させる効果が期待されているのが、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」です。

コレステロールを増やすのは、バターやラードといった飽和脂肪酸を含む油。逆にオリーブオイルなどの不飽和脂肪酸を含む油はコレステロールを下げる働きがあるといわれています。

同じ油でもコレステロール値を、上げる油と下げる油が存在するので、油の選び方が重要になってきます。

「油」と聞くとなんとなくコレステロールが上がってしまいそうな感じがしますが、食べる種類と量に注意すれば、逆にコレステロール値を下げてくれるというわけですね。

ただし、摂取量には要注意!

オリーブオイルはコレステロール値を下げるのに効果的だと言われていますが、摂りすぎはよくありません。1日に必要な脂質の量は35~45g程度とされていますので、大さじ3杯ぐらいまでにとどめておきましょう。

この脂質量の目安は、食用油だけでなく肉などに含まれる脂も一緒にした量なので、脂身の多い肉を食べるときなどは、オリーブオイルの量を調整して摂りすぎないようにしましょう。

オリーブオイルを食べすぎるとお腹が緩くなったり、吐き気を感じたりすることもあるようなので、体の調子を観察しながら摂るように心がけてください。

オリーブオイル生活実践者たちの生の声

オリーブオイルを生活に取り入れている人の中には「オリーブオイルを使ったら逆にコレステロール値が上がった」「変化がなかった」という声がある一方で、

「実際にオリーブオイルを摂ることを習慣にしたら、コレステロール値が下がった」という口コミもいくつかありました。

オリーブオイルを摂りすぎてしまうと逆にコレステロール値が上がってしまう可能性もあるようです。

また、コレステロールを下げるには食事だけでなく運動も大切と言われています。オリーブオイルを毎日食べていても、運動不足が影響して、思うようにコレステロール値が下がらないということもあるのかもしれません。

「コレステロールを下げる」オリーブオイルの選び方

「コレステロールを下げる」オリーブオイルの選び方

コレステロールを下げるためにはオリーブオイルの選び方も大切です。ここでは、選ぶ時のポイントと、おすすめなオリーブオイルをご紹介していきます。

選ぶ時のポイントは2つ

オリーブオイルを選ぶ時は、次の2点に気を付けて選ぶようにしましょう。

オリーブオイルの種類

・エキストラバージンオリーブオイルであること

・遮光容器に入ったものであること

「エキストラバージンオリーブオイル」は、オリーブの実を絞り化学処理が行われていないオリーブオイル。

コレステロール値を下げるオレイン酸が豊富に含まれているため、健康を気遣う方は「エキストラバージンオリーブオイル」を選ぶのがおすすめです。

また、油は光で酸化が進んでしまいますので、遮光容器に入っているオリーブオイルを選ぶようにしましょう。

酸化すると色・風味の変化があるだけではなく、場合によっては「過酸化脂質」と呼ばれる健康に害を及ぼす原因物質に変化する恐れもあると言われています。

バランカ「エクストラヴァージンオリーブオイル」

こちらのオリーブオイルは厳しい基準をクリアしたエキストラバージンオリーブオイルです。手掴みで収穫後5時間以内にフレッシュなまま搾油され、発注後に一本一本ボトリングされます。

日本に到着後は、販売まで地下倉庫に保管することで、光による酸化を防いでいます。「風味・酸味が豊かなエキストラバージンオリーブオイルを探している」という方におすすめな商品です。

SOUJU「ミッション・ミディアム」

国産のオリーブにこだわり作られたSOUJUさんのオリーブオイルです。大量生産をすることなく、一つ一つを丁寧に作っている安心安全のオリーブオイルです。

エキストラバージンオリーブオイルの酸度は0.8%以下と基準が設けられていますが、こちらのオリーブオイルは酸度が0.1%と非常に良質であることがわかります。

「良質でこだわって作られた国産のオリーブオイルを試したい」という方におすすめのオリーブオイルです。

まとめ:オリーブオイルはコレステロールを下げるのに効果的

まとめ:オリーブオイルはコレステロールを下げるのに効果的

オリーブオイルの効能の一つに「コレステロール値を下げる」という働きがあります。コレステロール値が高いということは動脈硬化の可能性が高まり、さまざまな生活習慣病のリスクが高まります。

日々の食事などの生活習慣でコレステロール値を下げることは可能と言われています。その場合は油の種類と摂取量に気をつけて、自分にあったオリーブオイルを選ぶのがいいです。

オリーブオイルは加熱用の油としても使えますので、普段使っているサラダ油をオリーブオイルに変えるだけでも、効果的です。

いきなり生活に取り入れるのは難しいので、できる範囲でオリーブオイルを普段使用する油として使ってみることをおすすめします。

「自分では気づかないうちにコレステロール値が高くなっていた」なんてことがないように日々の食事で自分の健康を守れるようになるといいですね。

おすすめの記事