おしゃれでサステナブル!大人用ストロー付き水筒の選び方・使い方
最近、ストロー付き水筒をマイボトルにしている人を見かけるわ
子どもだけでなく大人も使ってるのね、私も使ってみようかな…

ストロー付き水筒が「サステナブルな社会を支援する」「ライフスタイルにフィットしている」として、大人の間で静かなブームを起こしつつあります。

大人向きのストロー付き水筒もたくさん出てきているので、自分に合ったタイプを選ぶことでドリンクタイムを快適にすることができますよ。

この記事では、大人にストロー付き水筒がおすすめな理由、ストロー付き水筒の選び方、快適に使うためのポイントをご紹介します。

ストロー付き水筒の特徴・大人におすすめな理由

ストロー付き水筒の特徴・大人におすすめな理由

水筒には、直飲みできるマグやコップなどさまざまなタイプがあります。その中で大人がストロー付きの水筒を選ぶのは、どのような理由があるからでしょうか。

ここでは、ストロー付き水筒の特長と大人用の水筒におすすめできる理由についてご説明します。

ストロー付き水筒とは

ストロー付き水筒は、水筒の飲み口(口に当たる部分)にストローが付いたタイプの水筒です。

ストローに口を付けてそのまま飲めるので水分補給しやすく、特に小さなお子さんやスポーツをする大人の方に愛用されています。

さまざまなタイプがありますが、ステンレス製で保温・保冷効果があるもの、プラスチック製で軽いもの、ふたがワンタッチで開くものが一般的です。

水分補給をしたい時、片手で持ったまますぐ飲めるところが魅力といえます。

水筒といえば、ペットボトルのゴミを減らすため自分専用の水筒を持ち歩く人が増えてきました。また、近年は脱プラスチックの取り組みとして、プラスチック製ストローの使用を廃止するチェーン店も増えています。

このような風潮があることから、繰り返し使えるストロー付き水筒はサステナブルな生活にマッチしているとして、価値がじわじわと見いだされてきているのです。 ※サステナブル=地球環境の持続可能性を表す概念

【タイプ別】水筒の特徴&メリットの比較

水筒にはストロー付きのほかに、直飲み、2way、ジャグなどもあります。それぞれどのような特長があるのか、ストロー付きとはどこがと違うのか見てみましょう。

タイプ特徴メリット
マグ・飲み口が付いている・ワンタッチで開いて直飲みできる
ストロータイプ・ストローが付いている・ワンタッチで開いて直飲みできる
・傾けなくても飲める
・こぼれない
2way(3way)・飲み口が付け替えできる・直飲み、コップなど使い分けられる
スクリュータイプ・回して開けるフタ付き・手入れしやすい
・どこからでも飲める(注げる)
コップタイプ・コップが付いている・複数人で飲み物が分けられる
ジャグ・大容量
・取っ手が付いている
・直飲み・複数人での利用に対応

このほか、ストロー付き水筒と似たものにストロー付きマグ・タンブラーもあります。

マグやタンブラーは水筒と違ってふたの気密性がないので傾けると飲み物が漏れますが、こちらも繰り返し使えるので人気があります。 

大人が使うとこんなシーンで重宝する

ストロー付き水筒のメリットは、サステナブルというほかに「こぼさず飲める」「水筒を傾けずにさっと飲める」ところにあります。そのため、大人が使うとこんなシーンで重宝します。

  • 仕事中に、洋服やパソコン、大切な書類に飲み物をこぼす心配がない
  • 車の運転中や仕事中、顔の向きを変えずにさっと飲める
  • マスクを外したくない時、マスクを少しずらすだけで飲み物が飲める
  • 飲み物にほこりやゴミが入らず衛生的

携帯しやすくシンプルな「マグ」「スクリュー」を使う人も多いのですが、ストロータイプの便利さに気付き、日常や仕事中に愛用する人も増えてきているのです。

私に合うのはどれ?大人用ストロー付き水筒の選び方

私に合うのはどれ?大人用ストロー付き水筒の選び方

ストロー付き水筒は「どれもあまり違いがない」と思っていませんか?似ているように見えて個性があり、サイズ、デザイン、機能性はバラエティに富んでいます。

ここでは、大人用ストロー付き水筒の選び方をご紹介します。

シーン・用途にあわせて

大人用のストロー付き水筒にはさまざまなサイズ、材質があります。ライフスタイルや水筒を持ち歩く場面に合わせて自分に合ったものを選びましょう

通勤やちょっとしたお出かけ用にはバッグに携帯しやすいコンパクトサイズ、スポーツやアウトドアで汗をかく時はスポーツドリンクを入れることができるもの、大容量のストロー付き水筒がいいですね。

また、飲み物をいつまでも適温で飲みたいなら保冷機能付きのまほうびんタイプがおすすめ。軽さで選ぶならプラスチック製のクリアボトルが適しています。

サーモス 真空断熱ストローボトル

ベーシックなタイプを選ぶなら、まほうびんのパイオニア「サーモス」の真空断熱ストローボトルがおすすめです。二重構造のステンレスによる保冷効果が高く、いつまでも冷たい飲み物が楽しめます。

ふたを軽く押すだけですぐストローから飲めて、どんな時でもさっと水分補給できます。サイズは350mlと450mlの2種類。

ランチ用や通勤用にちょうど良く、デザインがシンプルなので大人の方のマイボトルに最適です。

和平フレイズ コップ1杯持ち歩きストロー付プチボトル

名前のとおりコップ1杯分(180ml)の飲み物が携帯できる、コンパクトなストロー付き水筒。

マスクをしている時や仕事中の水分補給、お薬を飲む時に便利です。アルミ缶の飲料1本と同じくらいのサイズ感で、バッグに入れても邪魔になりません。夜間にのどを潤すため、枕元に置いて使っている方もいますよ。

キッチン用品の老舗メーカー「和平フレイズ」の人気商品で、豊富なカラー上品なデザインも魅力です。

和平フレイズ コップ1杯持ち歩きストロー付プチボトル 180ml
和平フレイズ

ドウシシャ アクエリアスストローボトル 700ml

スポーツドリンク「アクエリアスブランド」と生活用品メーカー「ドウシシャ」のコラボレーション商品です。保冷機能付きのステンレス製で、サビに強いためスポーツドリンクを入れて使うことができます。

スリムなボトルは片手で給水しやすく、上部にハンドルが付いているので持ち運びも便利です。

アクエリアスのブランドロゴとスポーティなカラーがおしゃれで、大人の方はもちろんお子さんや学生の方のスポーツシーンにも活躍します。

ユリカー ストロー付きクリアボトル 2L

アウトドア、レジャー、熱中症対策には大容量の水筒がおすすめ。ユリカーのストロー付きクリアボトルはたっぷり2リットルの飲み物が入るので、通常サイズの水筒ではものたりない人にぴったりです。

ふたを開ければすぐ飲み物が飲めて、ふたを閉めれば倒しても漏れません。取っ手が付いて持ちやすくデザインがキュートなので、街中で持ち歩いてもおしゃれです。

ボトルにはプラスチックの原料BPAを含まない安全な素材を使用し、軽くて耐久性にも優れています。

ユリカー ストロー付きクリアボトル 2リットル
ulricar(ユリカー)

デザインで選ぶ

大人用のストロー付き水筒にはおしゃれなものもたくさんあります。

ストロー付き水筒は子ども用が多いため、キャラクターもの、かわいいデザインが多いというイメージも持たれがちですが、大人用の水筒はデザイン性が高く、スタイリッシュでスマートなものが多くなっています。

オフィスで使ったり男性が持ち歩いたりしても違和感がないので、自分専用のドリンクを携帯するのが楽しくなりますよ。

実用性が高いので、大人向けのギフトにも喜ばれるかもしれませんね。

パール金属 カンクール ワンタッチストローマグ

メタリックなボディがおしゃれな、携帯用のステンレス製まほうびんです。真空断熱構造で冷たい飲み物を長時間適温に保ちます。

車のドリンクホルダーにピッタリ収まるサイズで、ドライブのお供にもおすすめです。また2wayタイプなので、ワンタッチでストローから飲み物が飲めるほか、ふたを外せばコップとして使うこともできます。

サイズは320mlと480ml。色はシルバー、レッド、ネイビーの3色。大人っぽいデザインがオフィスや運転席にさりげなくなじみます。

KINTO TO GO BOTTLE

使い心地の良さと品質にこだわるKINTOのストロー付き水筒。デザインがシンプルで、大人の男性も気軽に持ち歩けます。

二重構造になっているので保冷効果があり、氷を入れた飲み物を適温に保ちます。シリコン製のストローはソフトな口当たりで、ふたを半回転してすぐに飲み物が飲めます。

ボトルやパーツが洗いやすく、食洗機に対応しているところも嬉しいですね。サイズは360mlと480mlの2種類、カラーは5色展開です。

機能性で選ぶ

ストロー付き水筒は、シンプルなものから多機能なものまでさまざまな種類があります。

子どもから大人まで人気が高いのは、ストローのほかに直飲み用の飲み口やコップが付いた2way、3wayイプです。1本の水筒が用途によって使い分けられるのでとても便利です。

また、電動で飲み物の吸い上げをサポートしてくれるストロー付き水筒などもあります。飲みやすさを追求する方は、このような高機能な水筒を使ってみるのもよいでしょう。

タケヤ ゴーカップ クリアボトル

キッズ用水筒のラインナップ「ゴーカップ」のクリアタイプ。

直飲み、ストロー、コップの3way仕様になっているので、ふたを付け替えるだけでシーンに合わせた飲み方ができます。ペールトーンのやさしい色合いがおしゃれで、大人用の水筒としてもたいへん人気があります。

シリコンバンパーが水筒の底をカバーし、床やデスクに置いた時の安定感を高めています。携帯時はハンドルを持ってもいいし、ショルダーベルトを通して紐付きにしても便利ですね。

スポーツボトルのブランド「タケヤフラスク」と同様に高いデザイン性が支持されている製品です。

サンコー 電動ストローボトル

サンコーの電動ストローボトルは、電動ポンプが飲み物を吸い上げる画期的なボトルです。

片手で押すとストローから飲み物が出てくるので楽に飲み物が飲めます。スポーツ中に効率良く水分補給したい方、吸う力の弱い方、運転中に手早く水分補給したい方に最適です。

容量は450mlと手頃で、倒してもこぼれにくい設計になっているので、車内やオフィス、おうち時間で気軽に利用できます。お水やお茶のほかジュースやホットコーヒーなど、さまざまな飲み物に使うのもOK。

一度の充電で10~15日程度使用でき、電動なのにおさいふと環境にやさしいところも嬉しいです。

扱いやすさで選ぶ

ストロー付き水筒を使うようになると、ドリンク容器の使い捨てが減ってゴミが出なくなるメリットがあります。

ただ、繰り返し使い続けていくためにはお手入れが必要になるので「ちょっと面倒くさいな」と思ってしまうかもしれません。

大人用のストロー付き水筒を気持ち良く使っていくためには、毎日の適切なお手入れが必要ですが、なるべくお手入れを簡単に済ませたい方は、扱いやすいもの、洗いやすいものを選ぶとよいでしょう。

ピーコック ステンレスボトルストロータイプ

まほうびんのトップブランド「ピーコック」のストロー付き水筒です。

ふたやストローなどのパーツは分解と装着が簡単にできるので、毎日のお手入れが楽にできます。また水筒の口径が広く、中もしっかり洗えます。

真空断熱二重構造で保冷効果が長持ち、サビに強いステンレスを採用しているのでスポーツドリンクを入れることも可能です。

デザインは、スモーキーカラーとブラックのバイカラーがおしゃれ。スポーツシーンはもちろん通勤やレジャーの携帯にも気軽に利用できます。

kameishoji シリコン ボトル アクティブ600ml

水筒なのに柔らかい、ユニークなストロー付き水筒です。

シリコン製なので落としたりぶつけたりしても割れる心配がありません。また、柔らかいので飲み終わった後はくるくる丸め、手のひらサイズまで小さくすることができます。これは外出先から持ち帰る時に便利ですね。

また、口径が広いので中が洗浄しやすく、設計はシンプルなためお手入れも楽です。有害なBPAを含まない食品用シリコン素材を使用しているので、安心して繰り返し使うことができます。

冷凍可能なところもシリコン製ならでは。夏はドリンクを凍らせて持参するのもいいですね。

大人がストロー付き水筒を快適に使うためのポイント

大人がストロー付き水筒を快適に使うためのポイント

ストロー付き水筒を使いこなすライフスタイルはサステナブルでおしゃれです。ただ、肝心の水筒の使い方が間違っていたら意味がありません。

そこで、大人がストロー付き水筒を快適に使っていくためのポイントについてご説明します。

清潔に保つ

水筒は使ったらその日のうちにパーツを分解して丁寧に洗い、よく乾燥させて清潔に保ちましょう。

もしも汚れが残っていると雑菌が繁殖して、飲み物の味が変わったり水筒ににおいが出やすくなったりしてします。

特にストローは細い筒状になっていて、汚れが残りやすいパーツといえます。使用後はパーツを分解し、ストローの内側を専用ブラシでよく洗い強い水流ですすぎましょう

酸素系漂白剤で、パッキンや飲み口と共にこまめな消毒をすることもおすすめします。なお、パーツは食洗機で洗えるものと洗えないものがあります。食洗機対応かどうか説明書をよく確認しましょう。

熱い飲み物・炭酸などは入れない

水筒の材質や設計によって、入れてはいけない飲み物が指定されています。

必ず説明書に目を通し、どんな飲み物がだめなのか確認しておきましょう。注意を守らないと、水筒が傷んだり飲む時にトラブルが起きたりする可能性があります。

ストロータイプは基本的に冷たい飲み物専用なので、熱い飲み物はNGです。固形物もストローに詰まりやすいので、茶葉や果実を一緒に入れることはおすすめできません。

また、多くの水筒は塩分を含むスポーツドリンクやみそ汁、炭酸飲料などもNGとしています。スポーツドリンクを入れたい時は、必ずスポーツドリンクに対応している水筒を選びましょう。

漏れに気をつける

ストロー付き水筒はこぼれにくいのが利点ですが、どこかにすき間が生じると飲み物が漏れてしまうことがあります。漏れる原因は主に次の2点です。

  • パーツがきちんと取り付けられていない
  • パーツが消耗している

ふたが閉まっていない場合、飲み口、パッキンがきちんと装着されていない場合は、水筒を傾けた時に飲み物が漏れてしまいます。使用時には、すき間がないかきちんと確認をしましょう。

また、長く使っているとパーツに破損や劣化が起こりやすくなり、すき間が生じやすくなります。いつまでも快適に使い続けられるよう、パーツは定期的に新しいものに買い替えましょう。

まとめ:オフィスや日常で…大人もストロー付き水筒を気軽に使おう

ストロー付き水筒を利用すれば、オフィスや日常でお好みの飲み物がいつでも気軽に飲めます。マスク生活の定着によって、その飲みやすさが注目されるようにもなりました。

今まではペットボトルのお茶や紙コップのコーヒーを愛用していた大人の方も、サステナブルでおしゃれなストロー付き水筒に替えてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事