【徹底活用】コーングリッツ絶品レシピ3選!買えるお店もご紹介♪
ほんのり甘いコーンブレッドが大好き!手作りしたいから材料のコーングリッツを手に入れたいなぁ。どこで売ってる?

そんな疑問に答えます。

パン作りが好きな人の間で、とうもろこしの甘さが魅力のコーンブレッドの人気が急上昇しています。その影響もあり、材料である「コーングリッツ」も注目を浴びるようになってきました。

コーングリッツはアメリカではメジャーな食材ですが、日本ではまだまだマイナーな食材。どの店に行けば買えるのか?ちょっと気になりますよね。

この記事では、コーングリッツを買えるお店からコーングリッツの絶品レシピまで、余すことなくご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

コーングリッツはどんな使い方ができる?どこで売ってる?

コーングリッツはどんな使い方ができる?どこで売ってる?

コーングリッツは日本ではまだまだマイナーな食材…。そのため、残念ながらどこのスーパーでも買えるという訳ではありません。

ここでは、コーングリッツはどんな使い方ができるのか、そしてそもそも、どの店に行けば買えるのかということについて、詳しくご紹介していきます!

常備必須!使い勝手抜群の『コーングリッツ』

「コーングリッツ」という食材は、粉類に属しており、簡単に言うと、小麦粉の代用として使える食材です。小麦粉とは異なり、カリッとした食感に仕上がるのが特徴です。

小麦粉は小麦から作られますが、コーングリッツは、厳選された穀物のとうもろこしの皮と胚芽を除去し挽き割りした粉です。

コーングリッツは意外にも私たちの身近なところで使われています。例えば、イングリッシュマフィンの表面にまぶしてあるざらざらした粉はコーングリッツです。

また、スナック系のお菓子、コーンフレークの原料としておなじみですし、ビールの原料としても使われています。

一般の人が「コーングリッツ」を入手した場合、コーンブレッドの材料として使えるのはもちろん、揚げ物の衣としても活用できますので、使い勝手はとても良いと言えます。

活用方法を知ると、きっと常備したくなりますよ♪

コーングリッツが入手できるお店をご紹介!

コーングリッツは意外にマイナーな食材で、一般のスーパーの粉製品売り場では入手できないことが多いようです。輸入食材を探すときにまず候補に上がる業務スーパーやカルディでも、手に入れることはできません。

ここでは、確実にコーングリッツを買うことができるお店をご紹介していきます。

富澤商店(TOMIZ)などの製菓材料店

「富澤商店(TOMIZ)」などの製菓材料店では、コーングリッツを取り扱っていることが多いようです。

お菓子作り・パン作りに、粉類は欠かせないもの。粉類は製菓材料店の売れ筋商品のひとつ。取り扱い種類も非常に豊富です。

多くの製菓材料店でコーングリッツが売られていますが、来店前に念のために確認するようにしてください。

ここでは、確実にコーングリッツを買えるお店として「富澤商店(TOMIZ)」をご紹介します。「富澤商店(TOMIZ)」は、1919年創業の日本最大の製菓製パン材料販売会社

店舗ではさまざまなイベントを開催し、お菓子・パン作り初心者でも足を運びやすいよう、工夫を凝らしていますよ。

輸入食材店に置いてあることも多い

コーングリッツは輸入食材店に置いてあることも多いです。

しかし、あの有名なカルディには置いていない…これは、カルディが「輸入食材そのもの」よりも「輸入食品」を多く売る店であるということが理由かもしれません。店舗スペースには限りがありますからね。

「輸入食品」よりも「輸入食材」を多く売る店でしたら、コーングリッツが買えるかもしれません。

ここでは、確実にコーングリッツを買えるお店として「神戸スパイス」をご紹介します。「神戸スパイス」は、神戸に本社を置く、輸入スパイス・豆類の専門店です。

製菓材料も豊富に取り扱っており、コーングリッツの取り扱いもあります。神戸の近くにお住まいの方以外は、通販の利用が便利です。

北海道小麦粉専門店も要チェック

安心・安全な製品を求めて、国産のコーングリッツをお探しの方も多いことと思います。そんな方はまず、北海道小麦粉専門店をチェックしてみてください。

ここでは、確実に国産のコーングリッツを買えるお店として「北海道のめぐみ」をご紹介します。「北海道のめぐみ」は、北海道産の小麦粉を多く取り扱う「北海道小麦粉専門店」です。

こちらの会社では、販売だけではなく粉類の加工作業も行っています。

「北海道のめぐみ」では、自社で加工した、「遺伝子組み換えではない、なおかつ、ポストハーベスト(収穫後農薬)も一切不使用」のマルチコーンを100%使用したコーングリッツを手に入れることができます。

ちなみに、通販を利用する際には、ハピタスのようなサイトを使うとお得ですよ。こういったサイトを経由して楽天などで購入するだけで、現金等価のポイントが1%もらえます。1%値引きは積もると案外大きいですよ!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

簡単&美味しい!コーングリッツのおすすめレシピ3選

簡単&美味しい!コーングリッツのおすすめレシピ3選

コーングリッツを買う人のほとんどが最初に作る料理は「コーンブレッド」でしょう。アメリカの家庭の味として、アメリカに行ったことがある方には特に人気の料理です。

ここでは、定番の「コーンブレッド」、そして、コーンブレッド以外のおすすめレシピを厳選してご紹介していきます!

アメリカの家庭の味!基本のコーンブレッド

コーングリッツを手に入れたら、まず最初に作ってみたい料理が「コーンブレッド」。アメリカ留学中のホームステイ先やレストランで出会い、夢中になってしまう人が多いようです。

コーングリッツの歯ごたえが最高…そして噛んだときに口に広がるとうもろこしの旨み…病みつきになる人が多いのも納得です。

ここでは、アメリカの家庭の味を忠実に再現した、基本のコーンブレッドの作り方をご紹介していきます。

基本のコーンブレッドの作り方
基本のコーンブレッドの作り方

【材料】

コーングリッツ:210グラム

強力粉:130グラム

砂糖:70グラム

ベーキングパウダー:小さじ2

塩:小さじ1/2

卵:L1

サラダ油:100ml

牛乳:240ml

【作り方】

1.オーブンに天板を入れて200℃に温めておきます。

2.オーブンが温まったら、パウンド型に油をひいて天板にのせ、さらに温めます。

3.ボウルにコーングリッツ・強力粉・砂糖・ベーキングパウダー・塩を入れて混ぜます。この段階でよく混ぜるのがコツです。泡立て器を使うと混ぜやすいですよ。

4.卵・油・牛乳も加えて混ぜます。ここで混ぜすぎないことが重要です。少し粉っぽさが残っている程度で止めてください。

5.型に4を流し、2530分焼きます。表面がきつね色になり、くしを刺してみて、何もついてこなければ完成です!熱いうちに型からはずしてください。

【ポイント】

・コーングリッツがない場合は、コーンミール(コーングリッツと同じくとうもろこしを粉砕した粉だが、より粒が細かい粉)で代用できます。

・パウンド型がない場合は、パット状の型か大きなグラタン皿で代用できます。

海外旅行気分!?アメリカ南部風フライドチキン

アメリカで食べるフライドチキンは、日本のフライドチキンとは少し違った風味で、とても美味しいですよね。

カリッと揚がった食感、そして優しい甘み…アメリカ南部で有名なこのフライドチキンは「バターミルクフライドチキン」とも呼ばれ、大人気!

ここで紹介するレシピでは「カリッと揚がった食感」は「コーングリッツ」で実現、「バターミルクの優しい甘み」は「レモンと牛乳」で実現しています。ぜひ作ってみてくださいね!

アメリカ南部風フライドチキンの作り方
アメリカ南部風フライドチキンの作り方

【材料(4人分)】

鶏もも肉(骨つき)4

レモン:適宜

サラダ油:適量

(下味)

●牛乳:1カップ

●レモン汁:大さじ1

●にんにく:1かけ

●塩:小さじ2

●ドライオレガノ・ドライタイム・黒こしょう:各小さじ1

●パプリカパウダー:小さじ2

●カイエンヌペッパー:小さじ1/4

●タバスコ:大さじ1

●溶き卵:1個分

(衣)

■薄力粉:1カップ

■コーングリッツ:1/4カップ

■塩:適量

■黒こしょう:適量

【作り方】

1.鶏肉は関節のところでふたつに切り分け、フォークでところどころ刺して、味がしみこみやすくします。

2.牛乳にレモン汁を加えて30分ほどおき、すりおろしたにんにく・塩・スパイス類・タバスコを加えます。

3.2に鶏肉を加えて密閉袋などに入れ、冷蔵庫で一晩以上漬け込みます

4.薄力粉・コーングリッツ・塩・黒こしょうを合わせて混ぜます。

5.3の鶏肉をボウルに移し、溶き卵を加えて、全体を混ぜ合わせます。4の衣をたっぷりつけます。

6.鍋または深めのフライパンにサラダ油を入れ、170℃に熱します。肉を入れて10~13分ほどゆっくりと揚げます

7.皿に盛りつけ、レモンを添えたら完成です!

【ポイント】

・薄力粉だけの衣ではなく「薄力粉+コーングリッツ」の衣にすることにより、ガリガリッとした独特の食感が生まれます。

・レシピ通りのスパイスが揃わない場合は、ミックススパイスで代用できます。

余ったコーングリッツでお手軽に!つぶつぶコーンスープ

コーングリッツを料理に使っても結局余ってしまう…そんなときに作っていただきたいのが、ここで紹介する「お手軽つぶつぶコーンスープ」。

味は抜群で材料費も激安。インスタントのコーンスープを作るのと同じくらい簡単に作れてしまいますよ!

つぶつぶコーンスープの作り方
つぶつぶコーンスープの作り方

【材料(4人分)】

コーングリッツ:大さじ8(120グラム)

玉ねぎ:1/2

バター:大さじ2

水:3カップ

ブイヨン:1/2

牛乳:1カップ

塩:少々

【作り方】

1.鍋にバターを溶かし、みじん切りにした玉ねぎを弱火でじっくり炒めます。

2.玉ねぎがあめ色になりしっとりしてきたら、コーングリッツと水を加え、中火で10分ほど煮ます。

3.コーングリッツが柔らかくなったら、ブイヨンを加えて5分ほど煮て、牛乳を加え塩で味を調えます。

【ポイント】

ホールコーン缶や冷凍のミックスベジタブルを加えても、おいしく仕上がりますよ。

まとめ:コーングリッツを手に入れてアメリカの家庭料理を作ってみよう♪

ほんのり甘いコーンブレッドの材料として知られているコーングリッツ。

コーングリッツを手に入れれば、アメリカの家庭料理として人気が高い、コーンブレッドやアメリカ南部風フライドチキンを簡単に手作りすることができます。

さっそくコーングリッツを買って、アメリカの家庭料理を作ってみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事