コーンフレーク+チョコが熱い!市販品から絶品レシピまでご紹介♪
コーンフレーク+チョコのお菓子っていっぱい種類があるの?
手作りレシピも知りたいな…

そんな疑問にお応えします。

朝食によく食べられている、ザクザクッとした食感が美味しいコーンフレーク。特に、チョコとの相性が最高!とコーンフレーク+チョコのお菓子がたくさん出回っているのはご存知ですか?

この記事では、そんなコーンフレーク+チョコの種類や市販品、バレンタインにもおすすめの簡単手作りレシピなどをご紹介していきましょう。

目次

SNSで話題!バリエーション豊富な「コーンフレークチョコ」

SNSで話題!バリエーション豊富な「コーンフレークチョコ」

「コーンフレークチョコ」と聞くとどんなお菓子を想像しますか?

コーンフレーク自体がチョコ味になっているといったシンプルな食べ方だけではないチョコお菓子が色々と出回っているんです!ここでは、今人気のコーンフレークチョコの魅力についてご紹介していきましょう。

大定番!最近では変わり種もいろいろ「シリアルタイプ」

これは一度は食べたことも多いハズ!?

コーンフレーク自体にチョコ味を染み込ませ、牛乳をかけて食べるシリアルタイプです。最近ではコーンフレークチョコに風味をプラスしたフレーバータイプも各種展開されているんです。

チョコの産地にこだわったり、色んな栄養素を含んだりしている市販品が多いので朝食に食べるのがおすすめ。

牛乳をかければ食欲がない時でも食べやすく、チョコの味わいや食感にこだわっているので子供から大人まで人気の高い一品ですね。

また、牛乳なしでも食べられるため災害対策のローリングストックとしても重宝しますよ。日清シスコの大手から、セブンイレブンやトップバリュまで幅広く商品を取り扱っています。

『コーンフレーク+チョコ』は焼き菓子にも絶妙にマッチ

コーンフレークとチョコは、クッキー・スコーンといった焼き菓子に活用しても抜群の相性を発揮します。

チョコの味わいや、ザクザクした食感への工夫などから、コーンフレーク+チョコを使えば食感と風味の美味しい焼き菓子になりますよ。

レシピも手軽にチャレンジできるものが多いため、お子さんと一緒に手作りをしてみてもいいかもしれませんね。

色んな材料で手作りできるチョコバーやクランチタイプ

プレーンコーンフレークやコーンフレークチョコ味に、材料を混ぜてアレンジを楽しむお菓子も人気です。

マシュマロやチョコチップ、ナッツなどの材料とコーンフレークを掛け合わせるだけで、チョコバーやチョコクランチなどが簡単に作れます。

見た目もかわいいので、おしゃれにラッピングを施せば、友達への贈り物やバレンタインにもぴったりのお菓子になりますよ。

チョコ好き必見!『コーンフレーク+チョコ』のおすすめ市販品8選!

チョコ好き必見!『コーンフレーク+チョコ』のおすすめ市販品8選!

コーンフレーク+チョコのベストマッチな組み合わせは、市販品も人気で、子供から大人まで親しまれています。

ここでは、朝ご飯に食べたくなる商品から常備したくなる美味しいお菓子まで、おすすめしたいコンフレーク+チョコの市販品をご紹介していきます!

セブンイレブンの「1日分の鉄分がとれるコーンフレークチョコ」

コンビニで手軽に手に入るシリアルタイプのコーンフレークチョコです。

ガーナ産とエクアドル産のカカオをブレンドした味わい深いチョコ味で、鉄分も摂れるとか!「ザクザク食感が美味しい」「衝撃的に美味しい」と愛用している人も多いですよ。

朝食だけでなく、子供のおやつとしても重宝するので常備しておきたくなりますね。セブンイレブンの店舗でも取り扱いがある・ないがあるようですが、一度お店で探してみてくださいね。

朝食におすすめ!日清シスコの「シスコーンサクサクリングチョコ」

1963年から愛され続けているシスコーンシリーズです。厚みのある輪っかの形、ザクザクとした食感、2種類のカカオをブレンドしたチョコの味わいが美味しいと人気が高いですね。

コーンフレーク風になっている「シスコーンマイルドチョコ」もあります。カルシウム・鉄分・乳酸菌・9種のビタミンなど栄養もたっぷり含まれていますよ。また、右利き・左利き用に注ぎやすく持ち手マークなどの考慮も。

口コミでは、「お菓子の代わりにつまめる、サクサクして美味しい」「普通のコーンフレークと合わせて食べても美味しい」と評価の高い定番人気の商品です。

ホールケーキ型で分けやすい!日清シスコの「クリスプチョコ」

薄焼きのコーンフレークを、こだわりのチョコでホールケーキのように固めた人気商品です。

チョコがギュッと詰まっているので、ミルクチョコの染み具合が抜群!噛めば噛むほど味わい深く、食べ出すと止まらない美味しさですよ。

また、8ピースにカットされているので、分けやすく食べやすいのも嬉しいポイントですね。また、期間限定でサンリオとのパッケージコラボ商品もあるのでぜひチェックしてみましょう。

アレルギーがある子も食べられる!辻安全食品の「チョコフレーク」

有機コーンフレークに、スイートチョコを絡めた上質なコーンフレークのお菓子です。香料・乳化剤・植物油脂や、小麦粉も使用していないので、ダイエット中や、アレルギーがある子も食べやすいですね。

「コーンフレークが香ばしく、チョコレートも甘さ控えめで美味しい」「食べ出すと止まらなくなる味わい」「少し高いが、納得の味わいと原材料」と口コミの評価もいいおすすめの商品です。

手につかない新食感!森永製菓の「武骨な塊」

コーンフレークチョコをキューブ状にした、クランチタイプの商品です。ゴリゴリした食感がくせになる味わいなんだとか!

また、チョコが手に付かない加工されているため、仕事中や動画を見ながら食べる「ながら食べ」が可能になっています。

「チョコが濃厚で美味しい」「冷やして食べても美味しい」「パラパラになるチョコフレークとはまた違った感覚」と新食感にハマる人も続出していますよ。

森永製菓 チョコフレーク【武骨な塊】 47g
森永製菓

ビターな味わいのシリアルタイプ!「プレミアムコーンフレークビターチョコ」

プレミアムという名のとおり、特別感のあるパッケージがおしゃれなシリアルタイプのコーンフレークです。牛乳をかけて食べるだけでなく、ブランデーやウイスキーなどのお酒のおつまみにもおすすめです。

TVで放送されたことがきっかけで、注目が集まり、サクサクとした軽さが美味しく食べ出すと止まらなくなりますよ。

ショコラティエが使うココアパウダーと、ココアバターを贅沢に使用しているので、ビターなチョコ味が大人の味覚をそそります。

正方形の板チョコ!リッタースポーツの「コーンフレーク」

コーンフレークがたっぷりとチョコに挟まっている、世界70箇所で売られている人気の正方形板チョコです。サッカー観戦しながら食べられるチョコレートということで、「リッタースポーツ」という名前になったとか。

中に入っているコーンフレークがサクサクというよりは、ガリっと存在感のある飴のような食感です。チョコも海外製品らしい、かなり甘めの仕上がりなのでブラックコーヒーと相性がいいかも。

程よい甘さとサクサク感!山形限定「さくらんぼクランチチョコレート」

細かく砕いたコーンフレークを、さくらんぼパウダー入りのチョコレートでコーティングした半球型のクランチチョコです。サクサクした食感と、さくらんぼのフルーティな香りが楽しめる一品です。

程よい甘さが美味しいので、子供から大人まで幅広い年代が食べやすい味わいが人気です。個包装になっているので、配り用のお菓子としてもおすすめですよ。

手作りならどれを使う?コーンフレークでチョコお菓子を作るコツ

手作りならどれを使う?コーンフレークでチョコお菓子を作るコツ

手作りでコーンフレーク+チョコを作る場合、使用するコーンフレーク選びにもこだわってみませんか?ここでは、自宅でコーンフレーク+チョコを作る際のおすすめポイントをご紹介していきましょう。

プレーン味なら無糖・オーガニック系で栄養も追加

コーンフレークのプレーン味を使ってチョコ菓子を手作りする場合は、無糖やオーガニック系を選ぶのがおすすめです。マシュマロやチョコチップを使う場合は、加糖のものを使うと甘みが強くなりすぎる恐れがあります。

必ず、コーンフレークの袋に書かれている原材料で加糖ではないか確認しましょう。また、主原料にビタミンやミネラルなどが添加されているものもあるので、お菓子でありながら栄養もプラスできますよ。

チョコ味を使えば板チョコやチョコチップ代わりに

また、お菓子作りの際にチョコ味のコーンフレークを使うと、材料に書かれている板チョコが不要になります。なので、板チョコを溶かしたり刻んだりする工程が省けますよ。

味見して、味が物足りないなと感じた場合はバターやマーガリンを追加するようにしてみましょう。また、チョコ味のコーンフレークはチョコチップの代わりとしても使えます。クッキーやスコーンを作る際に便利ですよ。

バレンタインにおすすめ♪絶品コーンフレークチョコお菓子レシピ6選

バレンタインにおすすめ♪絶品コーンフレークチョコお菓子レシピ6選

上記のコツを踏まえて、コーンフレークでチョコお菓子を作ってみましょう!

レシピでは、主にコーンフレーク(無糖)を使っています。コーンフレークチョコ味に置き換えても作れますが、食感にこだわりたい方はプレーンタイプのままで作ってみてくださいね。

混ぜて冷やすだけ!チョコクランチレシピ

材料2つで作れる、ザクッとした食感が美味しいチョコクランチのレシピです。

チョコクランチのレシピ
混ぜて冷やすだけ!チョコクランチレシピ

<材料10個分>

・板チョコ(ミルク):135g

・コーンフレーク(無糖):50g

<作り方>

1.ビニール袋にコーンフレークを入れて粗めに砕く

2.耐熱容器にチョコレートを割り入れる

3.600Wの電子レンジで1分加熱し、溶けるまで混ぜる

4.3にコーンフレークを加えて混ぜ合わせ、

5.クッキングシートにスプーンですくって成型してのせていく

6.30分程度、冷蔵庫で冷やして固まったら、完成

<ポイント>

・冷蔵庫で4~5日ほど保存可能です、匂いが写らないよう保存容器に入れましょう。

ナッツの歯応えが美味しい!コーンフレークチョコ

ナッツの歯応えと食感がくせになる、おすすめのコーンフレークチョコレシピです。

コーンフレークチョコのレシピ
チョコクランチレシピ

<材料>

・コンフレーク(無糖):50g

・板チョコ(ミルク):40g

・牛乳:大さじ3

・スライスアーモンドやくるみなどのナッツ:適量

<作り方>

1.板チョコを割り、牛乳と一緒に耐熱容器に入れる

2.電子レンジで40秒程度加熱する

3.取り出したら混ぜて、コーンフレークも入れさらに混ぜ合わせる

4.天板にのせ、オーブン150℃20分で焼いたら、完成

<ポイント>

・オーブンで焼く際、生地を薄めにすると中の水分が飛びカリカリになりやすいですよ。

子供のお菓子にも!マシュマロ入りチョコフレーク

濃厚で美味しい、マシュマロ入りのチョコフレークレシピです

マシュマロ入りチョコフレークのレシピ
子供のお菓子にも!マシュマロ入りチョコフレーク

<材料21個分>

・板チョコ(ミルク):100g

・マシュマロ:110g

・コーンフレーク(無糖):50g

<作り方>

1.チョコレートを細かく刻んで、耐熱容器に入れる

2.1にマシュマロを入れ、ラップして電子レンジ500W50秒温める

3.熱いうちに混ぜ合わせ、そこにコーンフレークも加えて混ぜていく

4.スプーン2本使って丸めながら、クッキングシートをひいたバットの上に置いていく

5.冷蔵庫で15分冷やしたら、完成

<ポイント>

・スプーンで丸めず、小さめのバッドや空き箱を使ってフレークバーもおすすめ。

・電子レンジで温めた後は、すぐ固まるので手早く混ぜてくださいね。

卵バター不要!ざくざくコーンフレークチョコチップクッキー

ホットケーキミックスを使って簡単に作った、コーンフレークチョコチップクッキーです。

ざくざくコーンフレークチョコチップクッキーのレシピ
卵バター不要!ざくざくコーンフレークチョコチップクッキー

<材料>

<Aの材料>

・アーモンドプードル:20g

・メープルシロップ:30g

・サラダ油:20g

・牛乳:60g

<Bの材料>

・コーンフレーク(無糖):50g

・オートミール:20g

・チョコチップ:30g

・ホットケーキミックス:80g

・全粒粉:30g

<作り方>

1.ボウルにAの材料を入れて混ぜる

2.混ざったら、ホットケーキミックス・全粒粉を加えさっくり混ぜる

3.Bの材料も入れて混ぜ合わせる

4.オーブンシートの上に3の生地をスプーンですくって置く

5.170℃に予熱したオーブンで20分焼いていく

6.120℃に温度を下げ、さらに5分焼いて乾燥させたら、完成

<ポイント>

・焼いた後の乾燥はやりすぎると固くなるので、5~10分程度にしておきましょう。

・メープルシロップがない場合は蜂蜜も使えます!ただし、焦げやすいので注意しましょう。

持ちやすいスティックタイプ!コーンフレーク入りチョコバー

ビスケットやドライフルーツ入りで美味しい、コーンフレーク入りチョコバーのレシピです。

コーンフレーク入りチョコバーのレシピ
持ちやすいスティックタイプ!コーンフレーク入りチョコバー

<材料6人分>

・コーンフレーク(無糖):25g

・板チョコ(ミルク):2

・マシュマロ:30g

・ビスケット:50g

・板チョコ(ホワイトチョコ):3枚(120g

・ドライフルーツ・レーズン:50g

<ミルクチョコバーの作り方>

1.バットにクッキングシートを敷く

2.ビスケットは厚手のビニール袋に入れて、綿棒で上から粗めに砕く

3.マシュマロは大きいものは小さめに切っておく

4.ボウルにミルクチョコレートを割り入れ、約50℃の湯煎で溶かす

5.23を加えて混ぜ、1の型に流し、表面を平らにチョコレートが固まるまで置く

6.型から外し、温めた包丁でタテ6等分に切る

<ホワイトチョコバーの作り方>

1.バットにクッキングシートを敷く

2.ボウルにホワイトチョコを割り入れ、湯煎で溶かす

3.2が溶けたら、コーンフレーク・ドライフルーツを加えて混ぜる

4.1のバットに流し入れ、固まるまで待つ

5.型から外し、温めた包丁でタテ6等分に切る

<ポイント>

・分量は17cm×13cmのバット2枚分になります。

・チョコは室温が低ければ常温でも固まりますが、早く固めたい場合は冷蔵庫で冷やしてくださいね。

しっとりふわふわ!チョコスコーン

コーンフレークチョコ味をチョコチップに使った、おすすめのチョコスコーンレシピです。

チョコスコーンのレシピ
しっとりふわふわ!チョコスコーン

<材料2人分>

・薄力粉:200g

・ベーキングパウダー:小さじ2

・生クリーム(動物性):1パック(200g

・はちみつ:30g

・コーンフレーク(チョコ味):適量

<作り方>

1.ボウルに、コーンフレーク以外の材料を入れて混ぜる

2.ラップに包んで1時間~1日冷蔵庫で休ませる

3.打ち粉(強力粉)を振った台に伸ばし、コーンフレークをのせる

4.被せるように折りたたみ、再度生地を伸ばしてコーンフレークを全体に馴染ませる

5.スケッパーか包丁で8等分に切る

6.天板に並べ、200℃に予熱したオーブンで15分焼く

7.焼き色がついたら、天板から取り出して完成

<ポイント>

くるみやレーズン、ドライフルーツなどを混ぜても美味しく仕上がりますよ。

まとめ:コーンフレーク+チョコは市販も手作りお菓子も絶品!

コーンフレーク+チョコは、市販品から手作りまで楽しめる絶品お菓子です。市販品を食べてみて気に入ったら、ぜひ手作りしてみませんか。簡単に作れるので子供と一緒に作ってみましょう!

おすすめの記事