水筒をプレゼントするなら何がよい?男女別・用途別の選び方のコツ
水筒をプレゼントしたいんだけど、何を選べばいいんだろう…

最近では節約やサステナブルな生活が意識されていて、水筒をプレゼントする人も多くなってきているのではないでしょうか。

ですが、いざプレゼントするとなると、何を選べばよいのか悩んでしまいますよね。

ここでは、それぞれの水筒の特徴から、男性・女性のシチュエーション別に、プレゼントすると喜ばれる水筒の選び方についてご紹介します。

【男女別】プレゼントされると嬉しい水筒の選び方

【男女別】プレゼントされると嬉しい水筒の選び方

水筒の需要が増えてきている今、機能性はもちろんデザインやカラーも豊富にありますので、どんな水筒をプレゼントしたら喜んでもらえるのか悩んでしまいますよね。

ここでは、男性と女性それぞれがプレゼントとしてもらうと嬉しい水筒の特徴についてご紹介します。

男性がもらって嬉しい水筒の特徴

男性に水筒をプレゼントする際には、次の4つのポイントを押さえましょう。

・カラーはモノトーンや青色など男性が使いやすいもの

・容量は300ml500ml程度のもの

・飲み口は直飲みタイプ

・本体の口が広くてパーツが少ないもの

水筒のカラーは男性が使いやすいモノトーンや青色などを選ぶのが無難です。水筒の容量は300ml~500ml程度がおすすめ。仕事で外出する機会が多い男性だと、容量が少ないほうが荷物の負担になりにくいです。

300mlだと飲み切りやすいですが、夏場は水分を多く取るようになるので500mlサイズも喜ばれやすいでしょう。

さらに飲み口が直飲みタイプだと、外出中でもさっと飲みやすいですね。また広口タイプでパーツが少ない水筒だとサーッと洗い流せるため、洗い物が好きじゃない男性でも毎日使いやすいでしょう。

女性がもらって嬉しい水筒の特徴

女性に水筒をプレゼントする際には、次の3つのポイントを押さえましょう。

・保温・保冷機能がある

・容量は300ml程度のもの

・デザインは可愛らしいもの

女性は冷え性の人が多く、冷房対策として夏でも温かい飲み物を持って行くことがあります。そのため、シーンに合わせて飲み物の温度をキープできる保温保冷機能付きの水筒は喜ばれやすいでしょう。

また水筒の容量は、小さめのバッグを使用する女性もいるので300ml程度だとバッグに入れやすいですし、飲み切りやすいです。

そしてデザインは可愛らしいものを選んでみましょう。本人の好みを知っておくとよいですが、わからない場合はオフィスに置いても違和感のないような水筒を選ぶのが無難です。

イニシャル入りや名前入りも人気なので、入れてあげるのもプレゼントらしくてよいでしょう。

【男性向け】プレゼントしたい水筒おすすめ4選

【男性向け】プレゼントしたい水筒おすすめ4選

男性に喜ばれる水筒の特徴はわかりましたが、一体どのような水筒の商品を選べばよいのか悩んでしまいますよね。

ここでは男性に焦点を当てて、用途別のプレゼントしたいおすすめ水筒をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

飾らないギフトに最適「KINTO トラベルタンブラー」

KINTOの「トラベルタンブラー」は、お世話になっている人へのプレゼントにおすすめの水筒です。

水筒本体はステンレス製の真空二重構造になっているので放熱を防いでくれて、さらに金属箔で熱を中に閉じ込める構造になっているので飲み頃温度をキープしてくれます。

水筒本体は錆びにくく耐久性に優れていて、表面には傷が付きにくいようコーティング済みです。また匂いや茶渋などの汚れが付きにくいようボトルの内側に研磨が施されていて、表面を平滑にしています。

水筒の容量は350mlと500mlの2種類でカラーも6種類あるので、プレゼントする相手に合わせて柔軟に選びやすいです。

大切な恋人へのプレゼントに「CORKCICLE CANTEEN」

CORKCICLEの「CANTEEN」は、お付き合いしている人へのプレゼントにおすすめの水筒です。

本体は車のドリンクホルダーに収まる形状で、底には滑り止めが付いているので倒れにくくなっています。保温保冷効果もあり、470mlサイズの場合12時間後でも55℃以上をキープ。

機能性だけでなくデザインもオシャレなことから、機能性やデザインの革新性など9つの基準をクリアした製品に贈られる「レッドドット・デザイン賞」を受賞しています。

また、がんを誘発すると言われているビスフェノールAや鉛を含む素材は一切使用されていません。環境と健康に優しい水筒は、大切な男性へのプレゼントにぴったりです。

父の日にも喜ばれる「FRANKNESS 写真入りオーダーマグボトル」

「写真入りオーダーマグボトル」は、父の日のプレゼントにおすすめの水筒です。

父の日のプレゼントとして孫の写真や自分のこどもの頃の写真、家族写真など選んであげれば、水筒を飲む時間が楽しくなることでしょう。

本体に写真を印刷できるので、自分が持っている写真のデータを送るとオリジナルの水筒をつくってもらえます。

印刷は環境によくないとされる有機揮発系の溶剤を使用しないUV印刷を採用。写真だけでなくデザインも数種類のなかから選択することができます。

他にもステンレスの真空二重構造で保温保冷もバッチリ。350ml入りなので飲み切りやすいです。

ズボラな方への誕生日プレゼントに「象印 ステンレスマグシームレスせん」

象印の「シームレス水筒」は、誕生日プレゼントにおすすめの水筒です。名入れ彫刻を入れてもらえば、世界に一つだけの水筒をつくることができます。

名前のフォントは4種類から選べるので、水筒のカラーとフォントの組み合わせによってシンプルからカジュアルまで雰囲気を変えられます。

ステンレス製なので保温保冷効果はもちろん、内面フッ素コート仕様のため、コーヒーやお茶などの匂いが残りにくいです。

「シームレス水筒」は水筒の蓋についているせんとパッキンをひとつにした「シームレスせん」で、洗う手間が楽になるのはもちろん、パッキンの付け忘れによる水漏れの心配もありません。

【女性向け】プレゼントしたい水筒おすすめ4選

女性向け】プレゼントしたい水筒おすすめ4選

ここでは女性に焦点を当てて、用途別のプレゼントしたいおすすめ水筒をご紹介します。男性でも使えるような水筒もありますので、男性へのプレゼントとしても参考にしてみてくださいね。

どんな方にも喜んで頂きやすい「S'well ジオードローズボトル」

S'wellの「ジオードローズボトル」は、お世話になっている人へのプレゼントにおすすめの水筒。女性らしいローズ柄の水筒は、見ているだけで美しく高級感あふれるデザインでプレゼントにぴったりです。

すっきりとしたフォルムで、小さいサイズだと260mlから用意されていて女性でも飲み切りやすいです。独自の技術によるステンレス製真空断熱三重構造で、高い保温保冷力があります。

S'wellはユニセフや乳がん研究基金などの活動をサポートしたり環境に配慮しているブランドで、水筒の素材にもこだわっています。丈夫で錆びにくい素材を使用し、人体に悪影響とされるビスフェノールAは不使用です。

お付き合いしている女性に「MOKUMOKU ステンレスボトル」

MOKUMOKUの「マイボトル」は、お付き合いしてる方へのプレゼントにも喜ばれるおすすめの水筒です。

木目調の蓋と光沢感ある本体は、暖かみがありつつオシャレも兼ね備えています。450mlというサイズ感は量が多すぎず女性でも飲みやすい量です。

また水筒本体に名前の刻印が可能で、4種類のフォントと12種類のワンポイントデザインのなかから選ぶことができます。素材も真空二重構造で飲み頃温度をキープ。

シンプルなデザインは人を選ばないので、女性だけでなく男性でも使えます。プレゼントしたあとはお互いに使い合ったり、ペア水筒としてデザイン違いを買ってもよいですね。

母の日におすすめ「BRUNO MONYOコップボトル」

BRUNOの「MONYOコップボトル」は、母の日のプレゼントにおすすめの水筒です。

水筒のデザインは日本で伝統的に使われてきた文様柄を使用していて、可愛らしさのなかにも大人っぽさが交わり幅広い年齢層で使えます。

500ml入りながらもスリムなデザインなのでバッグに入れてもかさばりにくく、蓋はコップになっているので必要量だけ注いで飲むことができます。

またサーモスの真空断熱二重構造を採用しているので、保温保冷効果が高いです。蓋部分は細かく分解して洗えるので衛生面も◎。

誕生日にも使いやすい「サーモス 真空断熱ボトル」

サーモスの「真空断熱ボトル」は誕生日プレゼントにおすすめの水筒です。水筒のカラーバリエーションが豊富なうえ名入れも可能です。

名前を入れる場合は9種類のデザインのなかから選ぶことができます。可愛らしいデザインから落ち着いたデザインまであるので、プレゼントする相手をイメージしながら選ぶ楽しさがあります。

また、独自の技術力で、500mlのステンレス水筒にも関わらず210gと軽量なうえ、高い保温保冷機能を実現しています。

蓋はワンタッチオープンなので片手で開けて飲むことができ、さらにロック機能も付いているのでバッグに入れても飲み物が漏れる心配がありません

まとめ:相手が喜ぶ水筒をプレゼントしよう

水筒によってはそれなりに値段もするので、プレゼントしてもらえると嬉しいですよね。

もしプレゼントする相手が水筒をすでに持っていたとしても、セカンド水筒として違う飲み物を2本持ち歩いたり気分によって使い分けるなどさまざまな方法で活用できるので、いくつあっても使いやすいです。

プレゼントする相手の好みがわかればそれに合わせた水筒を選べばよいですが、そうでない場合はぜひこの記事を参考にして、相手が喜びそうな水筒を選んでみてくださいね。

おすすめの記事