みんな大好き!ドライフルーツのチョコの人気商品や手作り方法を紹介
ドライフルーツとチョコって相性抜群でおいしいよね。ドライフルーツの入ったチョコってどんな種類があるんだろう。お取り寄せできるのかな…。

そんな疑問に答えます。

 

甘いチョコレートにフルーツの酸味がぴったりのドライフルーツチョコ。気が付くとたくさん食べてしまう人も多いのではないでしょうか。スイーツ好きにはたまらないドライフルーツチョコは年々進化を遂げ、様々な種類が販売されています。

 

この記事を読むと、ドライフルーツチョコの種類やお取り寄せの方法、自宅で作る作り方がわかります。

ドライフルーツのチョコってどんな種類があるの?

ドライフルーツのチョコってどんな種類があるの?

皆さんはドライフルーツチョコと言うと、どんなものを想像しますか?ドライフルーツをチョコで包んだものでしょうか。各メーカーが日々新しい商品を開発して、現在では様々な種類のドライフルーツチョコが販売されています。

 

まずはドライフルーツチョコにはどんな種類があるのかを詳しく見ていきましょう。

ドライフルーツのチョコがけ

ドライフルーツのチョコがけには3種類あります。

ドライフルーツのチョコがけの種類

・ドライフルーツにチョコをかけたもの

・半生タイプのドライフルーツにチョコをかけたもの

・フリーズドライのドライフルーツにチョコをかけたもの

最初に話題になったのは、六花亭のフリーズドライにしたイチゴをチョコレートで包んだストロベリーチョコではないでしょうか。

その後ごろっとした大きめのドライフルーツの半分にチョコをかけたものや、最近では半生タイプのドライフルーツにチョコをかけたものなど、さまざまなバリエーションが出ています。

チョコをしみ込ませたフリーズドライフルーツ

最近話題になっているのがフリーズドライフルーツにチョコをしみ込ませたスイーツ。一見すると砂糖でコーティングされたドライフルーツなのに、食べてみると中にチョコがしみ込んでいてしっかりとチョコの味がします。

 

見た目のかわいらしさと味の相性の良さから、いちごとホワイトチョコを組み合わせた商品が多いようです。中にはパイナップルやリンゴ、バナナなどにチョコをしみ込ませた商品を扱っているお店もあります。

ドライフルーツを練り込んだチョコ

チョコにドライフルーツを練り込んだスイーツは、昔ながらの定番ですね。さわやかなドライフルーツの酸味と、チョコの甘さとの相性がばっちりの安定のおいしさです。

 

以前は中に混ぜたドライフルーツはチョコに隠れて見えないことが多かったのですが、最近では表面に見えるようにドライフルーツを浮かせるようにした「映える」チョコも多くなっています。

見た目がかわいらしいと、プレゼントでもらってもうれしいですし、食欲も違いますね。

人気のお取り寄せドライフルーツチョコ

人気のお取り寄せドライフルーツチョコ

ドライフルーツチョコは自分で食べるだけでなく、お土産やギフトにも使われています。様々な種類があるドライフルーツチョコですが、どんな商品が人気なのでしょうか。通販サイトや口コミ等で人気の商品をご紹介します。

ショコドーネ【フルーツ・オ・ショコラ】

ショコドーネは岐阜県にある「日幸製菓株式会社(ニッコー)」のインターネットショップです。ニッコーはチョコレートを中心に作っているメーカーで、スーパーなどでもニッコーのチョコレートが販売されています。

 

ショコドーネの「フルーツ・オ・ショコラ」は、ドライフルーツにチョコをかけたタイプです。ドライフルーツの半分くらいにチョコがかかっているものが定番ですが、フルーツ・オ・ショコラは全体にしっかりとチョコがかかっているのが特徴です。

 

ネットでの評判にお店がすぐ反応して対応するのもショコドーネの魅力です。「大きくて食べづらい」との書き込みがあれば半分に切った商品を開発するなど、柔軟な対応をしています。

 

味はレモンとオレンジの2種類。レモンは輪切りで、オレンジは輪切りをさらに半分に切ってあります。

西内花月堂【ルビーチョコ掛けクランベリー】

西内花月堂は香川県まんのう町にある洋菓子店で、まんのう町のお店にはケーキ屋とパン屋、カフェが併設されています。

 

ルビーチョコ掛けクランベリーは、今話題の第4のチョコ「ルビーチョコレート」をドライクランベリーにかけた商品です。ルビーチョコレートとはルビーカカオを使って作られたピンクのチョコで、着色料などは使わず素材そのままの色なのだそう。

 

ルビーチョコ掛けクランベリーのネットでの評判は「クランベリーの酸っぱさと、ルビーチョコの甘さのバランスが絶妙」「いくらでも食べられる」と好評な意見が多いようです。

チョコル【割れチョコ】

チョコルは岐阜県にある「鈴木栄光堂」のインターネットショップです。鈴木栄光堂は明治10年(1877年)創業の老舗のお菓子メーカーです。

 

チョコルではほかにもドライフルーツのチョコがけを扱っていますが、なんといっても「割れチョコ」が一番人気があります。

チョコレートにドライフルーツを練り込んで固めたものを1口サイズに割ったチョコで、表面にドライフルーツをトッピングしたものが見た目もかわいらしく人気のある商品です。

 

ネットでの評判は「文句なしにおいしい」「この味でたっぷり入っていてうれしい」など好評な意見が多いようです。

 

割れチョコには「小悪魔スイート」「魅惑のホワイト」「情熱のスイートオレンジ」「妖艶なラムレーズン」の4種類があります。

アートショップ iwai no niwa【ドライフルーツ チョコレート】

アートショップ iwai no niwaは、仙台在住のアーティスト4人が集まって「お祝い」をコンセプトに、ハンドメイドでアクセサリーやペーパーアイテムを作っている工房です。

 

ドライフルーツチョコレートは仙台のケーキ屋さんで作られた商品で、ベルギー産のチョコの上にドライフルーツがトッピングされています。味はもちろんですが、動物をあしらったパッケージのセンスの良さが光って、ちょっとした贈り物に最適です。

 

ネットでの評判は、「贈り物として購入、大変喜ばれました」「かわいいし、おいしい」など好評な意見が多いようです。

 

ホワイトチョコレートとミルクチョコレートの2種類の味で、パッケージの種類は犬・猫・うさぎ・くま・ぞう・鳥の6種類があります。

高級ドライフルーツチョコ3選

高級ドライフルーツチョコ3選

バレンタインやホワイトデーの贈り物のほかにも、高級なドライフルーツチョコをプレゼントやお土産として使いたい時がありますね。もちろん自分で食べるために買う人もたくさんいるでしょう。

 

ここからは人気の高い高級なドライフルーツチョコを3種類ご紹介します。

銀座千疋屋【フルーツショコラ】

銀座千疋屋は、明治27年(1938年)に千疋屋総本店からのれん分けをされた老舗のフルーツ専門店です。銀座、京橋、総本店と3つある千疋屋はそれぞれ別企業で、支店本店の関係ではないそうです。

 

銀座と京橋の千疋屋は毎年バレンタインとホワイトデーの時期に、フルーツを使ったチョコレートを期間限定で販売しています2021年の銀座千疋屋のチョコレートはフリーズドライフルーツにホワイトチョコレートをしみ込ませた「フルーツショコラ」です。国産の厳選されたフルーツを使っています。

 

ネットでの評判は「イチゴなのにチョコレート、不思議なお菓子」「びっくりするくらい美味しい」と好評な意見がほとんどでした。

 

フルーツショコラは「いちごのチョコレート」「りんごのチョコレート」「不知火のチョコレート」の3種類があります。不知火はみかんの1種でデコポンと同じ種類の果物です。

銀座千疋屋 チョコレート フルーツ

新宿高野【フルーツチョコレート】

新宿高野は明治18年(1885年)創業のフルーツギフトの果物専門店です。東京都府中市の自社工場で製造したこだわりのスイーツは、安心して食べることができますね。

 

フルーツチョコレートは新宿高野のロングセラーで、安定の人気商品。丸く切ったドライフルーツをカラフルなチョコレートでコーティングした、ひと口サイズのスイーツです。

 

ネットでの評判は「カラフルで見た目もかわいい」「安定のおいしさ」「子供へのお土産に最適」などの好評な意見が多いようです。

 

フルーツチョコレートはブルーベリー、ストロベリー、レモン、バナナ、マンゴー、メロンの6種類と、ミルクチョコが入っています。

マキィズ【フリュイ】

マキィズは、平成9年(1997年)設立のチョコレートメーカーです。公式サイトには「50年のノウハウ」とありますが、これは会社を立ち上げた野田氏が長年製菓メーカーに勤務していたことで得た半世紀のノウハウのようです。

 

フリュイとはフランス語で「フルーツ」の意味があります。大きめにカットされたドライフルーツに、それぞれのフルーツに合ったチョコがかけられた商品です。缶のパッケージが上品で、プレゼントにも最適です。

 

ネットでの評判は「缶がきれい」「入れ物の感じが良く、味もおいしい」と、味はもちろんパッケージが高評価のようです。

 

フリュイはイチジク、オレンジシ、パイナップル、リンゴ、杏の5種類の味があります。

手作りドライフルーツチョコのレシピ

手作りドライフルーツチョコのレシピ

ドライフルーツチョコはフリーズドライ製法など工場でしか作れないものもありますが、いくつかのものは家で簡単に手作りできます。おやつに買ったチョコやドライフルーツが余ったらぜひ作ってみてください。

 

自分で好みのドライフルーツを選んで、オリジナルのドライフルーツチョコを作ることもできます。いろいろと試してみてくださいね。

ドライフルーツのチョコがけ

ドライフルーツのチョコがけは、簡単に作れて見た目もかわいいスイーツです。たくさん買って余ったドライフルーツがあれば、チョコをかけただけでまた違う新鮮な味が楽しめますよ。

ドライフルーツのチョコがけの作り方
ドライフルーツのチョコがけ

【材料】

・チョコ(できれば製菓用):適量

・ドライフルーツ(大きいもの):適量

・お湯:鍋1

・ボウル:1

 

【作り方】

1.お鍋にお湯を60度くらいに沸かします。

2.お鍋にボウルを浮かべ、チョコを溶かします。

3.平らなお皿にクッキングシートを敷き、ドライフルーツを並べます。

4.スプーンなどでドライフルーツにチョコをかけ、冷やし固めれば完成です。

【ポイント】

チョコはホワイトでもブラックでもお好みで。製菓用のチョコが無ければ市販のチョコでも作れます

ドライフルーツを練り込んだチョコ

ドライフルーツのサイズが小さいときには、チョコに練り込んだり上に乗せたりして作りましょう。

ドライフルーツを練り込んだチョコの作り方
ドライフルーツを練り込んだチョコ

【材料】

・チョコ(できれば製菓用):適量

・ドライフルーツ:適量

・お湯:鍋1

・ボウル:1

 

【作り方】

1.大きいドライフルーツは小さく切り分けます

2.お鍋にお湯を60度くらいに沸かします。

3.お鍋にボウルを浮かべ、チョコを溶かします。

4.チョコの中にドライフルーツを入れて混ぜます。

5.平らなお皿にクッキングシートを敷き、チョコを平らに伸ばして冷やし固めれば完成です。

色のきれいなドライフルーツを少しよけておいて、チョコが固まる前に上にトッピングしてあげると見た目がきれいです。型があれば型に入れてあげると、プレゼントにもできますね。

まとめ~ドライフルーツとチョコの可能性は無限大

ドライフルーツとチョコを組み合わせたお菓子は昔からありましたが、近年いろいろな種類のものが開発されてきました。フリーズドライ製法などは、まだまだ様々な可能性を秘めているのではないでしょうか。

 

カカオ豆とフルーツが織りなす芸術品とも言える、美しいドライフルーツチョコも登場しています。ぜひ一度そのおいしさを味わってくださいね。

おすすめの記事